試合開始直後の1分に先制点を流し込んだ豊田 陽平 -出典:jleague.jp


ランキングを見ると走行距離では、ほぼ互角ですね。スプリント回数に目を移すと、仙台が鳥栖を22回も上回っています。特にランキング2位の仙台DF菅井選手のスプリント回数が目を引きます。フォーメーションを確認してみたいと思います。

↓↓ 先発フォーメーション
③2015_J1_2nd_16節_フォーメーション(鳥栖vs仙台)

仙台の菅井選手とマッチアップしたのは、ミヌ選手ですね。スプリント回数のランキングを確認すると仙台菅井選手は24回、ミヌ選手は、18回。もう少し細かくみてみる事にします。鳥栖左サイドの中盤から最終ラインに多く関与するであろう選手すべて(交代出場選手含む)でスプリント回数と走行距離の相関をみてみましょう。

鳥栖左サイド攻防の分布
④2015_J1_2nd_16節_鳥栖左サイド(鳥栖vs仙台)_

[鳥栖:ミヌ選手(90)+早坂選手(89)+谷口選手(90)+白星東選手(1)] 走行距離:31.76km
スプリント回数:48回
※選手カッコ内は、出場時間

[仙台:菅井選手(90)+金久保選手(70)+富田選手(90)+野沢選手(20)] 走行距離:32.32km
スプリント回数:46回
※選手カッコ内は、出場時間

選手単位で見ると仙台の菅井選手の数値は突出して見えますが、鳥栖の左サイド全体で見てみると、ほぼ互角ですね。どちらが勝利のための効率的なハードワークかといえば、鳥栖ではないでしょうか。

では、この『勝利のための効率的なハードワーク(オフ・ザ・ボール)』がどのように「ボールに関与しているときの動き(オン・ザ・ボール)に反映されていったのかを いつものようにサッカーのデータを扱うサイトで有名な「Football LAB」さんのチームスタッツデータを活用して見ていきたいと思います。

その前に、ここでもう一度、冒頭で引用した森下監督の試合後コメントをみることにします。

[ 森下 仁志監督 ] 試合の方は狙い通りに得点を取れて、その後はブロックをコンパクトに低い位置で作って、カウンターを狙うような形に持っていきました。引用元:jleague.jp

データを見る前提は、先制点を奪ったあとの『カウンター狙いの戦術』です。

↓↓まずは「時間帯別支配率・シュート・ゴール」
⑤2015_J1_2nd_16節_ボール支配率(鳥栖vs仙台)_

試合全体での支配率は、「鳥栖:41.9%、仙台:58.1%」です。時間帯別を見ると鳥栖が支配率で仙台を上回る時間帯もあり、ただ単に引いてカウンターでなかったことがわかります。次はチームスタッツを直近の試合と比較してみます。

↓↓直近5試合のチームスタッツの比較による今節オン・ザ・ボールの検証

⑤2015_J1_2nd_16節_スタッツ(鳥栖vs仙台)_

上の表で注目は、「パス」、「クロス」の総数と成功率および「30mライン進入」の総数です。赤色の文字は松本戦と比較した数値です。「パス総数」、「クロス本数」、「30mライン進入」ともに松本戦を下回っており、ボール支配率は鳥栖:41.9%。 しかし、「パスの成功率」、「クロスの成功率」を見てみると73.7%、28.6%と前節を上回っています。カンウンター狙いの戦術で攻撃の際は、ミスが少なく効率よく敵陣までボールを運んでいたことが見て取れます。攻撃時は攻めきる形がある程度できたため守備への準備に余裕ができ、押し込まれる場面でも、最後まで守備の集中力を切らさない。また、それによって、無失点に抑えられた一因にもなったのではないでしょうか。

■今節の勝負をわけたポイントは?
・先発のバリエーションが増えたことにより、試合序盤、相手仙台が鳥栖の立ち位置を確認することに時間が掛かった。その隙に狙い通り先制点を奪った。
・先制点後、徐々にカウンターサッカーにシフトしていき強固な守備ブロックを作ることに成功した。
・攻撃時は、ミスが少なく相手ゴール前まで効率よくボールを運び、守備のリズム・集中力を高める一助となり、無失点に抑えることが出来た。

■最後に
今シーズンも残り1試合と天皇杯となりました。来シーズンの監督などの噂もありますが、リーグ残り1試合と天皇杯での今季の戦いに目を向けて最後まで応援していこうと思います。次回は、天皇杯前後に投稿を予定しています。

-->

[2015年シーズン ラスト1] 2015年シーズンのサガン鳥栖、ここまで2ndステージ16節(33試合)を戦い年間順位11位。ホーム最終戦勝ちましたね!結果は、みなさんご存じの通り、1-0の勝利。 ここ最近の先発メンバ…

続きを読む