【スピンオフ】 DAZN (ダゾーン) + amazon fire TV stick を試してみる

■ TV で DAZN (ダゾーン)。 どんな環境で見るか?

みなさんご存じのように2017年シーズンJリーグ(J1、J2、J3)は、DAZNでしか試聴できませんよね。 スタジアムに足を運ぶのが一番とは思いますが、色んな事情でスタジアムに行けないとなると、もう、「DAZN」さん頼みとなるわけです。しかしDAZNは、ライブストリーミングの動画配信サービス。スマホやタブレットで見ることは手軽にできますが… でも、やっぱり、今まで通りTVで違和感なく見たいという欲求に駆られるわけです。じゃぁTVでどんな環境でみるか? 調べまくるわけです。私は、DAZN対策やや出遅れた感じがしてますが、「まだ、これから…」という方もいらっしゃるかもしれないので参考としてご紹介です。

■ 巷では…

調べてみると、「DAZN」 +「amazon fire TV」が一番安定して試聴できると言われているようです(stickでないやつ)。スマホやタブレットの画面を「HDMIケーブル」を使ってTVに映す方法もあるようですが、画質の面で「amazon fire TV」に分があるようです。安定して試聴できる最大の理由は、wifiルータに有線LANを直接常ぐことが出来るため、通信速度が安定する点の様です。なるほど…  さっそく、amazonで購入を検討しようと調べたところ…入荷待ち(5週間~7週間 ※2017-01-28現在)… amazonでなくても家電量販店で置いてあるとのこですが、探し回る時間もなくどうしようか…

amazon fire TV stickは?

調べてみると、評判は決してよろしくない。その理由はだいたい下記のような感じ

  • 「wifi」のみでの接続で通信速度が安定しない。
  • 「USB」ファンのため長時間使用するとstick自体の冷却が追いつかず、高温になり、本来のパフォーマンスがでない
  • 日本で販売されているものは一世代古い型のもの(アメリカでは最新バージョンが販売されているらしい)。なので購入はもう少し待った方が良いのでは?
  • 以上のような理由から画質が安定しない。カクカクする。

何だか、さんざんの言われようです。

■ ならば…

「画像が安定しないと言われている理由を全部クリアすればいいじゃないか。」とちょっとムキになってモゾモゾ調べました。

  • 「wifi」だと通信速度が安定しない。
    ⇒  TVの真下に「wifi」ルーターを移動。
    ※ 参考:我が家のインターネットプロバイダ契約は、BBIQで光回線です。
  • 「stick」が高温になり本来パフォーマンスがでない。
    ⇒ 「stick」本体に「ヒートシンク」なるものを装着
    ※後ほど詳しく説明します。
  • 日本で販売されているものは旧型
    ⇒  stick本体が急激に進化するとは思えない。
    ⇒ そもそも待てない(新型が日本での販売時期もわからい状況で)。
    ⇒ その他、理由は色々ありますが長くなるので割愛します。

■ 結果として…

我が家では、使用し始めて1週間、「Jリーグニューイヤーカップ」、「Jリーグ・アジアチャレンジ」、「ブンデスリーガ」、「スペイン コパデルレイ」、「リーグアン」など、かなり試聴しましたが、画像も安定して、「stick」が高温になることもなく快適に試聴できている状況です。

2ページ目以降には、具体的な設定や「stick」の高温対策をご紹介します。

↓↓「amazon fire TV stick 設定編」は、2ページ目へ

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ    にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
1 2

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*