【魅力度】日本最高クラスのサッカー専用スタジアム@ベアスタ

[年末もサッカー三昧…]
12月も半ばを過ぎましたがクラブワールドカップでは広島がリバープレートに善戦。
それでもまだまだバルセロナ、リバープレート、広州恒大…見どころ満載です。
そうこうしていると、今度は天皇杯、サガン鳥栖 .vs ガンバ大阪。元日決勝まで…
そうこうしていると、高校サッカー…

[話題は変わって…]
来シーズンは、J1でアビスパとダービーが実現します。
アビスパがJ1に昇格したことによって、観客動員数の面で、福岡に人が流れるのではないかと心配な方もいらっしゃるかもしれません。

と言う訳で、今回は、鳥栖が「今後も魅力的・個性的なチームであること」を前提にさらに「集客面でサガン鳥栖の強みとは何か?」の1つとして考えられる「スタジアムの魅力」について考えてみたいと思います。

まずは、2015年シーズンのJリーグ観客数ランキングをご覧ください。

1. Jリーグ観客数ランキング ※()内は収容率順位

下の表は、今シーズンの観客数を積み上げたランキングとなります。
文字ピンクが鳥栖、文字クロが福岡です。鳥栖は16位、福岡は、23位となっています。

順位 チーム名 観客数 収容率 順位 チーム名 観客数 収容率
1 浦和 658,668 60.8%(11) 27 京都 157,306 36.2%(25)
2 F東京 489,336 57.6%(13) 28 熊本 147,785 24.5%(39)
3 横浜マ 411,759 36.9%(23) 29 岐阜 129,756 30.9%(33)
4 新潟 372,908 51.9%(15) 30 東京V 118,751 13.1%(47)
5 川崎 356,976 80%(2) 31 栃木 108,501 33.1%(30)
6 松本 285,992 82.5%(1) 32 横浜F 107,364 33.9%(28)
7 鹿島 279,185 40.3%(21) 33 長崎 106,953 25.2%(36)
8 広島 278,499 32.8%(31) 34 徳島 105,398 24.6%(38)
9 神戸 276,512 51%(16) 35 金沢 103,120 24.2%(40)
10 名古屋 276,082 48.9%(17) 36 水戸 101,132 33.5%(29)
11 G大阪 271,984 76.2%(3) 37 長野 94,665 31.6%(32)
12 C大阪 256,880 43.6%(19) 38 山口 87,348 21.2%(42)
13 仙台 253,705 75.8%(4) 39 群馬 86,077 26.9%(35)
14 清水 251,644 67%(7) 40 愛媛 79,193 17.6%(44)
15 札幌 251,161 30.3%(34) 41 讃岐 76,824 16.4%(45)
16 鳥栖 228,644 54.9%(14) 42 町田 75,312 36.5%(24)
17 千葉 225,219 58%(12) 43 北九州 73,243 34.2%(27)
18 磐田 210,865 66.3%(9) 44 相模原 62,533 21.5%(41)
19 湘南 207,539 68%(6) 45 富山 56,392 12.6%(48)
20 大宮 199,280 60.9%(10) 46 鳥取 38,637 13.5%(46)
21 甲府 192,042 66.5%(8) 47 秋田 37,955 34.5%(26)
22 185,609 71.1%(5) 48 琉球 28,466 6%(50)
23 福岡 182,540 38.5%(22) 49 盛岡 24,784 25.1%(37)
24 岡山 176,652 43.1%(20) 50 福島U 24,497 6.5%(49)
25 山形 170,518 47.1%(18) 51 藤枝 20,962 5.8%(52)
26 大分 158,194 18.8%(43) 52 YSCC 17,465 6%(51)

-引用元:FootballGEIST


2. Jリーグ収容率ランキング ※()内は観客数順位

下の表は、今シーズンのスタジアム収容率(満員度)ランキングとなります。
文字ピンクが鳥栖、文字クロが福岡です。鳥栖は14位、福岡は、22位となっています。
収容率ランキングは、1試合平均でどれだけスタジアムの座席が埋まったか『満員度』ランキングと考えればよいかと思います。

順位 チーム名 収容率 観客数 順位 チーム名 収容率 観客数
1 松本 82.5% 285,992(6) 27 北九州 34.2% 73,243(43)
2 川崎 80% 356,976(5) 28 横浜F 33.9% 107,364(32)
3 G大阪 76.2% 271,984(11) 29 水戸 33.5% 101,132(36)
4 仙台 75.8% 253,705(13) 30 栃木 33.1% 108,501(31)
5 71.1% 185,609(22) 31 広島 32.8% 278,499(8)
6 湘南 68% 207,539(19) 32 長野 31.6% 94,665(37)
7 清水 67% 251,644(14) 33 岐阜 30.9% 129,756(29)
8 甲府 66.5% 192,042(21) 34 札幌 30.3% 251,161(15)
9 磐田 66.3% 210,865(18) 35 群馬 26.9% 86,077(39)
10 大宮 60.9% 199,280(20) 36 長崎 25.2% 106,953(33)
11 浦和 60.8% 658,668(1) 37 盛岡 25.1% 24,784(49)
12 千葉 58% 225,219(17) 38 徳島 24.6% 105,398(34)
13 F東京 57.6% 489,336(2) 39 熊本 24.5% 147,785(28)
14 鳥栖 54.9% 228,644(16) 40 金沢 24.2% 103,120(35)
15 新潟 51.9% 372,908(4) 41 相模原 21.5% 62,533(44)
16 神戸 51% 276,512(9) 42 山口 21.2% 87,348(38)
17 名古屋 48.9% 276,082(10) 43 大分 18.8% 158,194(26)
18 山形 47.1% 170,518(25) 44 愛媛 17.6% 79,193(40)
19 C大阪 43.6% 256,880(12) 45 讃岐 16.4% 76,824(41)
20 岡山 43.1% 176,652(24) 46 鳥取 13.5% 38,637(46)
21 鹿島 40.3% 279,185(7) 47 東京V 13.1% 118,751(30)
22 福岡 38.5% 182,540(23) 48 富山 12.6% 56,392(45)
23 横浜マ 36.9% 411,759(3) 49 福島U 6.5% 24,497(50)
24 町田 36.5% 75,312(42) 50 琉球 6% 28,466(48)
25 京都 36.2% 157,306(27) 51 YSCC 6% 17,465(52)
26 秋田 34.5% 37,955(47) 52 藤枝 5.8% 20,962(51)

-引用元:FootballGEIST


3. J1観客動員数ワースト10

下の表は、J1の節ごとの観客動員数ワースト10になります。
第19節の川崎戦が8位です。以前書いた記事で触れましたが、川崎戦は、もともとは人気カードです。しかし、2015年は平日の水曜開催でした。また、以前の記事でベアスタで観客動員数が落ち込むのは、『日曜・平日開催と甲府戦』という事がわかりました。このランキングでも平日開催の観客動員数の伸び悩みが見て取れます。

>> 『通算データ』2015観客動員数を見る!@ベアスタ マガト!?

順位 ホーム アウェイ 結果 観客数 スタジアム
1 J1第22節 山形 名古屋 0-3 6,100(28.6%) NDソフト
2 J1第12節 湘南 0-0 6,701(43.7%) 日立柏サッ
3 J1第19節 鹿島 清水 0-0 6,923(17%) 県立カシマ
4 J1第19節 甲府 仙台 0-0 7,015(41.3%) 山梨中銀ス
5 J1第6節 山形 松本 0-0 7,067(33.2%) NDソフト
6 J1第4節 山形 湘南 1-2 7,321(34.4%) NDソフト
7 J1第25節 松本 2-0 7,385(48.1%) 日立柏サッ
8 J1第19節 鳥栖 川崎 1-1 7,524(30.7%) ベストアメ
9 J1第19節 神戸 湘南 1-1 7,696(25.5%) ノエビアス
10 J1第13節 山形 神戸 0-1 7,894(37.1%) NDソフト

-引用元:FootballGEIST


4. 日本最高クラスのサッカー専用スタジアム@ベアスタの魅力とは?

ここ迄で、2015年シーズンの観客動員数の現状はおおよそ把握できたのではないでしょうか。では、福岡のJ1昇格による観客動員数での心配事… 心配ばかりしてもしようがないですね。ここでは、ポジティブにサガン鳥栖の「集客面での強みとは何か?」の1つとしてスタジアムの魅力について触れたいと思います。『日本最高クラスのサッカー専用スタジアム』、『観戦に適した傾斜40度の至福』、『交通アクセスの良さ』、『温かい雰囲気のスタジアム』。この辺りを余すとこなく伝えてくれる記事の引用を3つ次ページ以降に紹介します。

魅力を語る記事は↓↓ 2ページ目以降へ

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ    にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
1 2 3 4 5

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. BB より:

    改めてベストアメニティスタジアムの良さを実感させてもらいました。

    多くのみなさんがおっしゃることですが、ベアスタのおもてなしの心は日本中のどこのスタジアムにも負けないものがあります。

    ベアスタをホームにしている私たち鳥栖サポはあまり意識していませんが、アウェイユニ
    でスタジアムを一周できて、ちょっとしたお土産がもらえて、ホームサポがスタンディングでアウェイサポに拍手をしてくれるスタジアムなんて日本中どこを探してもありませんよ!

    それもこれもサガン鳥栖という温かいファミリーだからできることです。この魅力を発信しない手はないですね!!

    1. すないわん より:

      コメントありがとうございます!

      そうなんですよね。
      普段ホームで当たり前に思ってあまり意識してないことが
      実は、結構すごいことだったりします。

      BBさんのおっしゃる魅力もそうだと思います。
      発信していかないとですね!

      P.S.
      BBさん「いつも心は前向きに! ~サガン鳥栖応援日記~」ブログ書かれてる方ですよね。
      いつも楽しく読ませて頂いてますよ。

  2. BB より:

    すないわんさんのおっしゃる通り、いつも心は前向きにのブログを書いております。

    いつも読んでいただきありがとうございます。
    これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

    1. すないわん より:

      こちらこそ、よろしくお願いします!
      今度、コメント書きに行きますね。

すないわん にコメントする コメントをキャンセル

*