【通算データ】観客動員数を見る!~ 2016ホームベアスタ・ラスト1

[ホームラスト1 観客動員数]
2016年2ndステージのサガン鳥栖。15節終了時点で8位(年間順位12位)。今シーズンも気がつけばホーム最終戦の横浜FMと最終節アウェイ甲府戦を残すのみとなりました。残留も確定し、去年の様なハラハラドキドキ感はありませんが、ミヌ選手の兵役での退団。天皇杯も含めモチベーションは、高い位置をキープされ続けている方も多いのではないでしょうか。以上の背景をもあり、ホーム最終戦は、「スタジアムが満員になれば良いなぁ」と思っています。

私はと言うと、諸事情で今回参戦できなので「みなさん出来ればスタジアムに足を運びませんか?」の意味を込めて以降に現在の観客動員数をグラフを使って見える化してみました。

[活用するデータ]
今回は、ホームゲームであるベアスタの観客動員数に的を絞って、Jリーグ公式サイトとFootball LABさんのデータを活用してます。

【通算データ】観客動員数を見る!~ 2016ホームベアスタ・ラスト1

1. 平均入場者数サマリ (対前年比)

%e2%91%a02016%e5%b9%b3%e5%9d%87%e5%85%a5%e5%a0%b4%e8%80%85%e6%95%b0%e3%82%b5%e3%83%9e%e3%83%aa_2st15%e7%af%80

上の数値、2015年は、シーズン終了時点の平均入場者数となります。2016年は、ホームゲーム16試合消化時点での平均入場者数となります。ご覧の通り2015年シーズンと比較して現在「マイナス1,066人」となっています。ホーム最終戦で仮に2万人の動員があれば平均入場者数は「12,832人」で前年比「マイナス618人」、スタジアム最大収容数の2万5千人の動員があれば平均入場者数は「13,126人」で前年比「マイナス324人」となり、残念ながら前年を上回ることはできませんが、ほぼ前年並みとなります。次に平均入場者数の推移を見てみたいと思います。

2. 2016年 平均入場者数推移

%e2%91%a12016%e5%b9%b3%e5%9d%87%e5%85%a5%e5%a0%b4%e8%80%85%e6%95%b0%e6%8e%a8%e7%a7%bb_2st15%e7%af%80

上のチャートは、2016年シーズン開幕からホームゲーム16試合消化時点での入場者数推移です。折れ線の赤の数値は入場者数1万人以下となります。2ndステージ鹿島戦~新潟戦までのホーム3連勝のときは1万2千人以上をキープしています。逆に1sステージで勝ち切れないゲームが続いた際は、1万人割れが続いています。ホーム戦前の前節AWAYゲームの勝敗も考慮する必要もあると思いますが、よく言われる「ホームで勝利しないと動員数が伸び悩む」という傾向が示されたデータとなっているのではないかと考えています。

3. まとめ

2016年シーズンも残り2試合、1stステージは試行錯誤で勝ち切れずどうなることかと思いましたが、チームの戦い方にブレなく2ndステージは一時、ステージ優勝も狙える位置までいきました。それに伴ってホーム観客動員数も伸びていることがデータで見えたのではないかと思います。Jリーグ残り2試合。そして、天皇杯。ミヌ選手が最後まで走り続け、躍動する姿を諸事情でTV観戦となりますが、目に焼き付けておきたいと思います。それでは、良い週末を!
にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ    にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*