【2016予想・展望】データで探る!~ マッシモ・フィッカデンティ

■新監督就任 [2016.1.7]

2016年シーズンのサガン鳥栖。クラブ公式サイトで新監督就任が発表されましたね。紆余曲折。ヤキモキしながら推移を見守ってました。鳥栖のスタイル「ハードワーク」とカルチョの国のスタイル「ウノゼロ=1対0で勝つ」がどんな風に融合するのか今から楽しみです。と言う訳で、今回は、監督への理解を深める意味で『マッシモ・フィッカデンティさんってどんなサッカーをする?』をテーマにデータを活用しながら話を進めてみたいと思います。

■何と呼ぶ…

本題の前に… 名前… 難しいですね。何て呼べばいいのか?? ネットを見てみると「マッシモ?」、「フィッカデンティ?」、FC東京の監督に就任した際のニュース記事を見ると本人は、グラウンドの中でも外でも監督のことをさす「ミステル」と呼んでほしいと言われているようです。

ミスターではなく「ミステル」と呼んでください。Jリーグ史上初めてのイタリア人監督として就任した東京のマッシモ・フィッカデンティ監督(46)は「セリエAでミステルと言えば、グラウンドの中でも外でも監督のことをさす。呼ぶのならミステルがいいのでは」と話した。昨季まで名古屋の指揮を執ったストイコビッチ氏が監督就任の際、愛称の「ピクシー」ではなく「ミスター」と呼ぶように求めたが、カルチョの国ならではの? 呼び名を希望した。 [2014年1月19日7時25分 紙面から]
引用元:nikkansports.com

いずれ、何某かの呼び方が定着すると思うので、徐々にそちらに合わせていくことにしようと思ってます。はい。

■鳥栖を選んだ理由?

マッシモ・フィッカデンティ監督の考えの原点的なものが何となく垣間見えるセリエAの「チェゼーナ」を率いていた時代(長友選手も所属してましたね)のインタビュー記事を紹介しておきます。なぜ鳥栖を選んだのか少しわかる気がしました。
※リンク: TIFOSISSIMO!!! -イタリアサッカ:解釈と鑑賞-

■そろそろ本題へ

次ページ以降から、『マッシモ・フィッカデンティ監督はどんなサッカーをする?』にデータを活用しながら迫っていきたいと思います。活用するデータは、いつものようにサッカーのデータを扱うことで有名な「Football LAB」さんのサイトにある2015年シーズンまで指揮をとっていた「FC東京のチームデータ」を使用します。

※本題は↓↓2ページ目以降へ

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ    にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
1 2 3 4 5

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. BB より:

    すないわんさん、フィッカデンティ監督率いる2015年FC東京と2015年サガン鳥栖の詳しいデータありがとうございます。

    データの可視化は、新たな気づきと発想をもたらしてくれます。鳥栖のブログにすないわんさんが今年もいてもらえることに感謝ですm(_ _)m

    本題ですが、メンバーの違いがあることは前提として、2014年FC東京のデータとも比べてみたいと思います。
    監督就任1年目のFC東京と2年目のFC東京との違いもかなり興味があります。
    鳥栖とはとりあえず1年契約ですが、そのデータと今シーズン前期の成績によっては早期の契約延長の可能性も考えられると思います。

    football LABのデータを私も見てみたいと思います。

    1. すないわん より:

      いつもコメントありがとうございます!
      本年もよろしくお願いします。

      2014年データの件、BBさんやはり、するどい(笑)
      私も最初は、FC東京の2014年と2015年比較を考えていました。
      比較した上で鳥栖が2015年から2016年へ向けてどう変化していくかの展望を…と…

      しかし… 途中で時間的な問題もあって、力尽きてしまいました…
      どこかのタイミングでBBさんのおっしゃるような比較もしてみたいと思います。

      では、今後とも末永く、よろしくお願いします!

  2. BB より:

    すないわんさん、返信ありがとうございます。

    やはり、2014年と2015年のFC東京の変化に目をつけられてましたかσ(^_^;)

    football LABでFC東京の変化を見ると攻撃のチャンスは減ったが、決定率は上がったというざっくりした印象です。

    すないわんさんの時間がどこかであって、もっとするどい分析がアップされることを期待します(笑)
    決してハードルを上げた訳ではないので、スルーしてくださいね(^ ^)v

    本年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

  3. TAMA より:

    はじめてコメントします

    データ分析…
    凄いです、感心して読ませていただきました

    セットプレーからの失点が多かったのが
    今年は少し減るとイイなぁと思ってますf^_^;

    あとこのページで知りましたが
    2トップで戦う事が多かったみたいですが
    豊田の1トップが多い鳥栖でどうするのかも興味深いです

    しかしプロな感じを感じさせるサイトで本当に感心しました

    また見にきます。

    このサイト読んだ後に言いにくいんですが
    私も気持ちばかりのサイト書いてます。
    良かったら暇つぶしに見てください
    アドバイスいただけると幸いです

    水色の道しるべ
    http://tosu13ftama.com/

    1. すないわん より:

      コメントありがとうございます!

      私もセットプレーの失点が減ればいいなぁと思ってます。
      対策をすればするほど改善できるポイントではないかと
      思うので失点は減るだろうと割と楽観視してます^^

      そうなんです。東京の2015年シーズンは2トップが多いんですよ。
      ただ、記事には書いていませんが、2014年シーズンは、
      3トップ(4-3-3)が結構多いです。
      2014年シーズンの試行錯誤と選手のキャラクターで
      2015年は2トップに落ち着いた感があります。

      鳥栖でも1年目シーズン序盤は試行錯誤でサポーターにとっては我慢する時期が
      結構あるかも…と心の準備をしているとこです(笑)
      取り越し苦労で終わることを願ってます。

      データ分析は、
      仕事で色々やらなければならない事があって、ビッグデータが云々… 
      やりだすと頭が痛くなってしまって… 

      どうせなら
      好きなサッカー、チームの分析で憶えてしまえ!と言う感じで… 
      ついでにブログで発信して見られてるプレッシャーを少し自分にかけて…と
      今も試行錯誤中です。はい。
      この点にコメントして頂いて素直にうれしかったです。

      IT系の仕事をしてますが、ブログは、素人で読む専門でした。
      ググって手当たり次第試して今のブログの姿に至ってます。

      WordPressというブログツールを使用しておりまして、これまで色々試してきたこと
      を記事にまとめようとているところです。
       
      鳥栖に戻ると、FWの枚数どうするか気になりますね。
      あと個人的にはボランチの枚数をどうするかもになっています。

      どんなシステム・戦術で攻守のバランスをとるのか興味深々です。

      ブログ更新されているときは、いつも拝見させてもらってます!

      ブログタイトルのセンスいいなぁと思ってました。

      不思議なのは、コメントをしてもらっている「TAMA」さん、「BB」さんと… 
      自分がお気に入り登録しているブログの方からのコメントが… 
      何ともうれしい限りです。

      今後ともよろしくお願いします!

      1. TAMA より:

        丁寧なコメントありがとうございます

        仕事関係から始まった事だったんですね、
        マネできない凄さだ。と感心したのも納得です

        一応私もword pressで作ってみてはいるんですが…使いこなせてません 笑

        鳥栖の話ですが、監督自身、試行錯誤の末の2トップだったんですね
        是が非でも2top!という訳じゃなかったと知って
        すないわんの仰るように試行錯誤の時期があるかもしれない…と思いはじめました。

        こちらこそ、今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

*