【2016予想・展望】サガン鳥栖 ~ 攻守のバランス/最適化までの道のりとは?

■2016年シーズン

2016年シーズン。マッシモ・フィッカデンティ監督率いるサガン鳥栖が始動しまたね。クラブスローガンは1st Stage サガン魂 。2nd Stage サガン魂  砂岩』。このスローガンのもと、どのような道をたどり、どのような順位や結果でフィニッシュするのでしょうか。今から楽しみです。

■開幕戦は…

ホームベアスタで「アビスパ福岡」とのダービー。J1の舞台で初対戦。クラブ史に新たな1ページが刻まれる日と言えるかもしれません。

■今回は…

マッシモ・フィッカデンティ監督就任1年目(今のところ単年契約)でどのようなシステムを採用して「攻守のバランスを最適化していくのか?」についてFC東京時代の就任1年目~2年目のフォーメーション変遷からアプローチしてみたいと思います。2016年シーズンのサガン鳥栖が歩む「攻守のバランス最適化までの道のり」はどのようなものとなるのでしょうか?

■まずは…

今回テーマのキーワードとして、2016年の新体制発表の一問一答でのマッシモ・フィッカデンティ監督のコメントを引用します。

Q:今のお気持ちは?
「(監督)会長はワクワクする戦いをと言いましたが、私はより戦えるチームを具体的にイメージしています。どのチームとも戦えて、いい結果がついてくるようにしたいと思います」

Q:サガン鳥栖との対戦経験をふまえ、印象は?
「(監督)最終戦の相手が鳥栖だったので、鳥栖とは『戦かった』という印象です。対戦した際に苦しめられる感覚なので、順位的にも高い位置に行くものを持っていると思うので活かせるように努力していく」

Q:(監督へ)どのような戦いをサポーターに見せたいか?
「対戦相手として選手を知っているので、それを活かして攻撃的にリズムのある戦いをするチームをつくっていきたい。フォーメーションについては、状況を見ながらやっていきますがディフェンスは4枚でやっていくと思います。中盤より前は状況にあわせてチームをつくっていきたい

Q:監督の一年間の具体的な目標は?
「もちろん戦えるチームをつくりたいので、当然目指す順位は高い位置。準備の段階からしっかりと戦っている姿を見せて、やるべきことはしっかりやっていい結果がついてくることを願います」

Q:(監督へ)どのような練習プランを?
「(監督)優先に考えているのは、選手のことをよく知ってどのような戦力のもとでチームをつくっていくのかにまず最初は集中したい」

Q:開幕戦にむけて?
「(監督)ダービーは自分も現役時代に経験したが、本当に特別な感情がある。J1ではじめてのダービーなので、しっかりと準備をして素晴らしい試合になるように仕上げたい」
引用元:J’s GOAL

■そろそろ本題へ

今回の分析テーマは、2016年シーズンに『サガン鳥栖が歩む攻守のバランス最適化までの道のりについて手がかりを探す』です。分析スタンスは、『2016年シーズン開幕まで皆さんが、どんなシステムで、どのポジションにどの選手がいいのか等、あれこれ楽しめる材料を提供する。』です。活用するデータは、いつものようにサッカーのデータを扱うことで有名な「Football LAB」さんのサイトにある2014~2015年シーズンまでマッシモ・フィッカデンティ監督が指揮をとっていた「FC東京のチームデータ」を使用します。

※本題は↓↓2ページ目以降へ

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ    にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ
1 2

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*