【予想展望】チームスタッツで見る! ~ vs. ヴァンフォーレ甲府 ~ 2015年2nd第12節

2015年シーズンのサガン鳥栖、ここまで2ndステージ11節(28試合)を戦い年間順位13位。9/26(土)は、年間順位15位の甲府とHomeでの一戦ですね。どんな戦いが繰り広げられるのでしょうか!?
と言う訳で、今回は、『予想展望』ということで、サッカーのデータを扱うサイトとして有名な「Football LAB」さまのチームスタッツデータを参考にして簡単ではありますが戦前予想展望を試みたいと思います。 さて、この試合、数値化して視覚的に見えるようにして、何がわかってくるのか? はたまた、何もわからないのか? それでは始めます!!
※「Football LAB」さまにてサイト掲載されているデータの取扱いについて、問合せをしまして、個人ブログでのデータ使用ガイトラインを示して頂きましたので、その範疇で記載してきます。

今回は、両チームの『得失点パターン』から予想展望。

データ引用元:「Football LAB」

データ引用元:「Football LAB」

鳥栖の得点パターンのトップ3を見てみると1位「セットプレーから:36.4%」2位「スルーパスから:18.2%」、3位「PK:9.1%」です。全体の63.7%がこの3パターンからの得点ですね。対するの甲府の失点パターントップ3を見てみると。1位「セットプレーから:20.0%」、2位「クロスから:17.1%」、3位11.4%の同率で「PK」、「30m未満のパスから」、「こぼれ球から」です。全体の71.3%がこのパターンからの失点です。何か甲府は、30m未満のエリアで万遍なく失点している感じですね。

こうして見ていくと、鳥栖の得点パターンと甲府の失点パターン1位が「セットプレーから」と同じです。さらに甲府は30m未満のエリアで様々なシュチュエーションで失点していることから、鳥栖の得点パターン2位の「スルーパスから」も有効ですね。あと、甲府は「30m未満エリアで万遍なく失点」かつ「クロスから」の失点が2番目に多いことから、鳥栖の得点パターントップ3圏外ですが、「クロスから」もこの試合では得点につながる可能性が高いと考えられます。攻撃面での見どころは、鳥栖が「30m未満の相手エリアに侵入する回数」でしょうか。当たり前のことですが、甲府の失点傾向から「30m未満への侵入回数」が多いほど、いつもの試合より高い確率で得点できると考えられます。そのために鳥栖が相手陣内30m以内の中でどれだけ、ゴールに向かって、アグレッシブに動けるか見どころですね。そのためには、「前線からのチェイシング」や「中盤でのプレス」、「前線へのロングボールでFWが基点を作れるか」など鳥栖が主導権をどれだけ長い時間握れるかがポイントとなりそうです。これらのベースとなるのは、「マークを外そうとする動き」、「プレスをかける動き」、「中盤のコンパクトさ」、などトラッキングデータでいうところの「スプリント回数」がカギを握っていそうですね。

にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ

次に鳥栖の失点パターンのトップ3を見てみると1位「セットプレーから:33.3」、2位「30m未満のパスから:11.8%」、3位「PK:11.8%」です。全体の56.9%がこの3パターンからの失点ですね。対する甲府の得点パターントップ3を見てみましょう。1位「セットプレーから:20.0%」、2位は、15.0%の同率で「スルーパスから」と「PK」です。全体の50.0%がこの3パターンからの得点ですね。

こうして見ていくと、鳥栖の失点パターンと甲府の得点パターン1位が「セットプレーから」と同じです。鳥栖が甲府相手に一番失点する可能性があるのは「セットプレーから」といえるでしょう。守備面の見どころは、鳥栖が主導権を握って甲府を押し込んでいる場合に「相手カウンターへの対応(守備のリスク管理)がきちんとできるか」です。攻守ともバランスの良い試合運びがポイントとなりそうです。攻守にバランスのとれた試合運びをするためには、「FWからのプレス」⇒「MFでのプレス」⇒「DFのラインコントロール」でコンパクトな陣形を保持し、良い形でボールを奪い、良い形の攻撃(シュートで終える等)へつなげる。というような攻守の好循環が必要ですよね。そうすることで自ずと相手のカウンターやセットプレーの回数は減りそうです。こういった「攻守の好循環」をどのくらいの時間続けられるか、また、うまく行かなくなった場合にどう対策するのか、ベンチワークも含めポイントではないでしょうか。これら守備を基点とする「攻守の好循環」を生み出すベースとして「DFのラインコントロール」、「FW、MFのパスの出しどころを限定していくようなプレスの動き」など、トラッキングデータでいうところの「スプリント回数」がカギを握っていそうですね。

9/26(土)の甲府戦はスタジアムへ行く予定です。これらを頭の片隅に置きつつ、勝利を願って熱く応援して来たいとおもいます。簡単ですが予測展望を終わります。 試合結果についての分析も後日行う予定です!! あと、広島戦の検証結果も追記してますので、よかったら参照してみてくださいね。

にほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へ    にほんブログ村 サッカーブログ サガン鳥栖へ

SNSでもご購読できます。